So-net無料ブログ作成
検索選択
スロット基本 ブログトップ

スロットの設定 [スロット基本]

スロットは設定ありきです。
まあ、当然のことですけど。

設定の入っていないシマで、
いくら波を読んで出そうとしても、9割方敗者です。

分かり易く狙えるのは、新台。
新台は、これからお客さんに楽しんでもらう為のお披露目会です。
ある程度出さない訳にはいきません。
高設定の狙い目ですね。

もちろん、すべてが高設定ではありませんが、
新台披露で低設定ばかりのホールなんか行くべきではありません。
やる気ゼロ、お客さんへの還元なんて微塵も思っていません。
そういったパチンコ店は、お客を見て、
「また鴨がやって来た」程度に考えています。
われわれ客も馬鹿ではありません。
出さないホールは、自然とお客が離れて、
勝手に潰れていきます。

正直なところ、定番機種、人気機種などにも、
高設定を織り交ぜるホールが、優良店の最低ライン。
まあ、お客の離れたホールなんかは、
高設定を入れられるような状態ではないでしょうけど。

お客の入る優良店は、
適度の放出があるからさらにお客を呼び込むんです。
別に高設定をシマに入れたからといって、
席がほぼ埋まるような経営をしていれば、
売り上げは相当なもの。
だって、7、8割が負けてくれるんだから。
客動員数が減ると、焦ったように出し始めるホールがありますが、
お客が増えると、また絞り始めます。
そういったパチンコ店は、出玉を見ながら付き合いましょう。

優良店は、「与えると自分に帰ってくる」を分かっているホールです。

共通テーマ:パチンコ

スロットの基本 [スロット基本]

スロットは、設定ありきです。
5,5号機は、設定6でも負ける場合もありますが、
やっぱり設定を信用するべき。
どう考えても超低設定は、
打つべきではありません。

せっかくハマりに大きく投資したからとか、
くだらないこと言っていると、
やっと引いても、単発とか、泣くに泣けません。

いくら投資していても、
見るからに高設定が空いたら、迷わず移動。
それが出来ない人は、負け組です。

腐ったホールは、
箱の持ち具合で、カンタンに分かります。
超高設定は、箱積みをすべて消化することは、滅多にありません。

箱積みの無いホールは、大抵設定1、2。。
馬鹿にし過ぎです。
入れても4までってとこでしょう。

夕方にホールに行って、まず箱積みを見て、
全くない場合は、設定が死んでるか、そのパチンコ屋が腐ってるか。
そんな日は、迷わず帰りましょう。
いいことありません。

朝イチから打つ場合は、
ある程度信用出来るホールへ行きましょう。
高設定が無いのに探す空しさを回避します。

閉店間際にあちこちでバッと出るようなホールは、信用ゼロです。
裏で何やってるか分かりません。

共通テーマ:パチンコ
スロット基本 ブログトップ