So-net無料ブログ作成
検索選択
パチンコの私的考察 ブログトップ
前の10件 | -

ぱちんこCR北斗の拳7転生の実践とコツ [パチンコの私的考察]

なんか、久々のブログ更新ですけど、
パチンコ業界も大きく変わってますね。
でも、立ち回りで充分勝負できます。

今日はCR北斗の拳7転生のシマ、
大当たり0回200回転ほどの台に座り3K投資、
緑に保留変化で百裂拳予告、
リュウガリーチ発展で勝利、
バトルボーナス昇格でバトルラッシュ突入。

パチンコ北斗の拳7転生の打ち方と攻略法

結局6連(ハイパーボーナス5回)。
時短後100回転ほど回して止め。

総投資11K、換金約50K。
(換金率3,8円?)

実践とコツとして、
Sammyの今作「北斗の拳7転生」は
連チャン率は以前に比べて落ちてる感ありますが、
初当たりの早さも感じられます。

とはいえ、1台だけ無駄に粘るのは厳禁。
面白いようにハマりますから。

理想は2〜3Kほど
使っても4、5Kほどで移動が良好です。

今作北斗の拳は今までの機種に比べて
演出の熱さに信頼性がホントない感覚。

これなら熱いって印象が少ないんですよね。
正直、緑保留以上ならどれでも当たりそうだしどれでも外れそう。

なので、少額投資で移動もそれほど嫌じゃないはずです。
変に演出具合で悩まないで済むから。

しかも1台に粘れば粘るほど、
ハイエナされる可能性も高くなるし。

そして散々金を入れて
せっかくヒットしてもバトルラッシュに行けないで終わるのもザラ。
投資が嵩んでれば泣くに泣けませんよ。

得てして、
お座り一発でヒットした方が連チャンするなんて事も多いです。

ちなみに、MAX台が無くなってから
北斗7も319分の1になった出玉減少は確かに感じられます。
突然の連チャンストップの感じというか。

だからこそ当たりを引くまでの行動が重要です。

パチンコは初めからマイナススタートです。
当たりが出るまで資金を使いますよね。
つまり、投資の時点で損切り(移動)が出来ない人は1円コーナーに行きましょう。
4円で勝負してたら破産します。

まあ1円コーナーは昔のゲーセン感覚ですけど。。
換金の時点で稼ごうなんてレートじゃない。

ということで、北斗7は少額移動でカニ歩きがコツ。

後、釘読みについて。
釘が良ければその分低資金で多く回せるのだから1台を長く攻めるには必須です。
でもね、4円で釘って、もうそれほど重要じゃない。
もちろん回らなきゃ当たらないんだし、全然回らないのは駄目ですよ。

ただ、顧客のことを考えた人気の優良店なら
それなりの釘設定してますから、
全然回らないなんて事は少ないです。

以前から何度も言ってますけど、
パチンコ店だって商売で営業してますから、
お客がお金を落としてくれなきゃ廃業します。

でも、お客だって正直だし、
釘が悪くて回らない、当たりが出ないような店に人は集まりません。

だから新台や準新台のシマは常に埋まる人気店なら、
4円コーナーで釘読みなんて不要です。

まして、うだうだ釘見てて台取れないんじゃ本末転倒でしょう。
席が空いてたらさっと座る、
回して駄目なら次の台にさっと移る。
これがおすすめ。

そういえば、
また財布を新調しました。

パチンコに開運白蛇財布2つ折り
同じ白蛇財布。(爆)
牛革なのに白蛇って言う。。
ギャンブルに必須でしょうってくらいの押し。
あ、作りの良さは保証できます。
公式⇒白蛇財布



共通テーマ:パチンコ

CR牙狼(ガロ)魔戒ノ花 新台の実践攻略と朝ガロ [パチンコの私的考察]

正月明けからパチンコホール商戦も落ち着いて
ほぼ通常営業に戻った感があります。

年明け正月一週間ほどは釘も渋いのが通例だから
ちゃんと気持ち抑えたでしょうか。

今日はCR牙狼(ガロ)の新台「魔戒ノ花」実践攻略。
399.6分の1、MAXタイプST機、2000発あり。

今作の牙狼も
爆連もあるけどハマりもデカいから無理は禁物の機種です。
釘が良いから粘ればいいってもんじゃない。

ただ放出スピードも速いから
一撃4、5万発もあっという間に感じるし、
1パチファンにも人気ですし、やっぱ面白い。

本日はガロのシマ2台目、
投資4Kで牙狼剣保留から疑似3回、
発展してSPハンプティマグナリーチで4図柄、大当たり。

昇格せず「真魔戒RUSH(しんまかいラッシュ)」時短から
「呀ゾーン(きばゾーン)」突入で連チャン。

CR牙狼新台「魔戒ノ花」実践攻略ブログ

4連してST終了。60回転ほど回してヤメ。
投資7K、換金28K。

今回のガロは事実上、MAXタイプの最後の新台なので、
パチンコユーザーけっこう注目してますし、
ホール側としても重宝したい感が伺えます。

そういう台は客飛びさせないように稼働するから台選びには良いですよね。
もう既に客飛ばしてるようなパチンコ店は全然問題外ですけど。

時短からの潜伏ST「呀ゾーン」は熱い演出ですねぇ。
まあSTだから、当たらずスルーも当然あるんだけど、
スルーがあるから面白いし堪らないもの。

保留演出、
牙狼剣はもう言うほど熱くないです、「魔戒ノ花」。
牙狼斬馬剣か、GARO保留じゃないと期待感と興奮は少ない。

今作も疑似連やフェイスオブガロ(F.O.G)、3Dガロ群など
期待演出が複数絡まないとまず当たりません。

ちなみに「朝ガロ」機能が付いていますが、
期待させといてこれ、演出だけの通常モードなので注意。
それでも気持ちは盛り上がりますけど。

そうそう、前にこのブログで書いた白蛇財布、
思ったより反響あって驚いてます。

開運白蛇財布なのに牛革で運気アップ

自分も「そんな、財布で運気変わるかよ」と思ってるんだけど、
今年は話ネタに年末ジャンボ買ったら勝ち越し。
と言っても、3000円買って3300円の戻しですけど。
パチンコトータル成績も通年より良いし。
あんまり意識しないようにしてるけど。

財布変えようと思ってる人はネタに読んでみると良いかも。
⇒「パチンコと開運財布」記事こちら



共通テーマ:パチンコ

パチンコCR真・花の慶次 ST攻略 [パチンコの私的考察]

パチンコCR「真・花の慶次」ニューギンは爆裂機ですね。
約400分の1のMAXタイプの中でも、
辛さはトップクラスですけど。

そして自分的に好みのST機。
よく、「STはやってられない」なんて嘆く人がいますが、
STより確変機が良いなんて考えは、パチンコに後ろ向きな思考なわけで、
「次回当たるかどうかも分からないSTより確変の方が・・」ってだけ。

じゃあ、好きに確変機やれば良いけど、
そんな考えじゃどうせ勝てません。

正直、STだからこそ連チャンした時の喜びが堪らないんです。

パチンコCR真・花の慶次 傾奇御免

それにしても、疑似連は外せないですね。
当たりに疑似が絡まないのって、単発か超爆連のどちらかって気がします。

傾奇ラッシュ突入率は約65%なので、
かなりが単発に。
ちなみにこの65%には
時短「月見酒モード」からの這い上がり昇格も含まれています。

傾奇ラッシュはST120回転で公表は約85%継続率。
まあ、そこまで継続率ある感じではないですが、
大連チャン時の出玉の増え方は、例えようの無い気持ち良さがあります。

花の慶次シリーズは以前の台からそうですが、
これほど粘るのがバカバカしい機種はありません。

破産したいのならお好きにどうぞですが、
基本、粘っていい事はありません。

現在、ホールによっては真・花の慶次のシマが既に寂れてる店もありますが、
そんな店で打つのも厳禁。
未だ座るのが難しいくらいに客の付いている店舗に行きましょう。

そして座れたからといって粘らない。
これ、勝つ方法の基本。

じゃあ何を基準に台を捨てるか。
それはもちろん、当日の回転率と大当たりデータしかありません。

それ以外と言ったら、
天性の感くらいです。

「データの見方で勝てる分けない」と思う方は、
諦めて遊んで下さい。

出玉データを読む時に必要なのは、
正直、理性を抑えて行動できるかどうかだけ。

データで稼ぐなら
パチンコ黄金率理論が的確です。

データで勝てない方には
「そこを見るのか」と実践してみて感動するはずです。

>>パチンコ黄金率「新・白い絹糸」公式ページ<<


共通テーマ:パチンコ

パチンコCR北斗の拳6拳王 [パチンコの私的考察]

パチンコCR北斗の拳6「拳王」攻略
出ましたね、北斗の拳6。

パチンコ北斗の拳6拳王を実践

大当たり確率約400分の1のMAX台ですが、
Sammyが総力を上げる機種として気合いも違います。

パチンコ北斗の拳6拳王 大当たり攻略

爆連する確変機ですが、確かにハマりも強烈。
好みの分かれるところですね。

まだまだ台を選べるようなホールも少ないでしょうが、
(というか既に選べるようなホールはダメでしょ)
こういった辛口台は新台時の回るうちに試打しないといけません。

もちろんその分出玉も凄いわけで、
歴代北斗の拳で10万円オーバーは数え切れないほどですからね。
止められません。

とはいえ、パチンコ攻略の基本は、
「小資金・短時間勝利」です。
大当たりまでに投資が嵩んでしまえば、
回収が仕事になってしまいます。
まあ、負け続けの経験がある方なら分かると思いますが。

勝つためには各台のデータ見極めが絶対に必要です。
そして正しいデータの見方があります。

データの見方に難しい事はありません。
一番難しいのは、自分を自制してコントロールできるかどうかです。

つまり、「当たりが近い台に座る」ということ。

「そんな事分かる訳無いじゃん!」
普通はそう思いますが、
ある程度の目星を付ける方法があります。

著作権があるので深くはネタバレになってしまいますが、
パチンコ黄金率はかなりおすすめです。

公式サイトこちら⇒>>パチンコ黄金率「新・白い絹糸」<<

※有料情報なので、買わないと見れません。



共通テーマ:パチンコ

パチンコで勝つ為の思考 [パチンコの私的考察]

あなたは、パチンコで勝つ為にどんな方法を使っていますか。

・それぞれの機種の分析をする
・ホールごとの癖を見極める
・釘調整をみる

どれも正しいようですが、
これらだけではパチンコで勝つことは出来ません。

まず、あなたの考え方を変えて下さい。

パチンコに勝とうと考えると、
必ず、お金に執着します。

「この資金が終わったらどうしよう」とか、
「このお金は、どの機種に使うべきか」とか。

自分に対して、強迫観念が出てしまうと、
勝てるものも勝てないのです。

まず、その日投資するお金を設定して下さい。
そして、そのお金は捨てたものとして使い、
遊戯する機種に対して、素直に楽しんで下さい。

これ、出来る人少ないです。
そのパチンコ台を楽しむことで見えて来ることがあるんです。
機種の流れなんて、結局確率とか、これが正解なんてありません。
あなたの直感が必要になって来るものです。

そのとき、「このお金がなくなったら、、、」なんて思っていても
勝てる訳無いんですよ。

まず、使う予算を決めて、パチンコ、スロットを楽しんで下さい。
そして、予算が終わったら、後ろ髪を引かれても、振り切って退散して下さい。
損切りが出来ない人間はパチンコでも株でもFXでも勝てる見込みはありません。

これを数回繰り返すことで、あなたの勝ちが見えてきます。

それと、予算は片手の半分くらいで十分。
いくら予算を決めたからって言って、両手ほども使っては予算の意味がありません。

共通テーマ:パチンコ

パチンコで勝つ為に [パチンコの私的考察]

現在のパチンコ機種は、
これまでのパチンコ機種に比べて、
どんどん厳しさを増しています。

これは、一昔前と比べてのパチンコ業界の衰退、
ホール側への考慮として、現状の出玉性能へと変化してきています。

正直なところ、現在の機種とまともにやり合っても
勝率は、かなり厳しい状態です。

こうした状況の中、
どうやって勝ち組に残るか、
これには有益な情報は欠かせません。
膨大なデータからなるロムの解析、これには
時間と労力、そして投資が掛かります。

そして現在、巷には価値のない情報が無数に存在しています。
そういう中で、裏付けのある情報は一握りです。

これは、私が7年も前から日々お世話になっている情報です。
近頃、リニューアルしてより強力なものとなっています。

別に強要はしません。
基本的に私は、紹介することはないのですが、
これまで稼がせてもらったお返しとしてお勧めします。

パチンコ黄金率こちら

北斗の拳5「覇者」でも、成果を上げていいます。

共通テーマ:パチンコ

面白い挙動 [パチンコの私的考察]

最近、花の慶次「漢」、北斗の拳5の挙動が面白くなってきました。
特に花の慶次では、台がフル稼働しなくなってきたことに要因があります。

パチンコの検定では、
出玉のあり過ぎる機種は合格出来ません。
出過ぎず、出なさ過ぎない。
これが検定通過には重要なんですね。

だからといってメーカーとしても
出る時は凄い機種の方が、
人気が出るのは分かっているんです。

検定を通過出来て暴れる台、
それを作りたい訳。

それ以上は、打って検証してみてください。
ヒントは打たれない時間がある台。

パチンコ台を作る人になったつもりで、
考えてみましょう。

共通テーマ:パチンコ

北斗の拳5 覇者 [パチンコの私的考察]

北斗の拳5「覇者」、出玉スピードは半端無く速いですね。
しかしながら、継続してとはいきません。

花の慶次「漢」もそうですが、
放出時スピードを上げるのはいいですが、
ハマりが多く出玉継続が短いのはどうかと思うんですがね。

ぱちんこ遊戯規定に則ってと言われればそれまでですが、
この挙動では、その機種のお客離れも加速します。

これならまだ、AKB48のような低確率、低放出な機種の方が、
扱い方によってお客の付きは、良好なはずです。

まあ、普通に考えて、
7万円使って3、4万円の戻りじゃ当然誰も打ちませんよね。
7万円使って10万円から上が狙える可能性が大事。
(7万円なんて一気に投資してる時点で、負け組ですが、、)

射幸性を煽るのがいけない

正直なところ、射幸性を煽られなければパチンコなんてやりません。
要はその度合いの問題で、
現在の新機種の性能は、パチンコ業界衰退をより促しています。

保通協、国家公安委員会などは
パチンコやってる馬鹿がという態度なんでしょうね。

共通テーマ:パチンコ

いつまでも変わらないパチンコの勝ち方 [パチンコの私的考察]

台選びの基準はなんでしょうか。

パチンコの勝ち方で常に変わらないことがあります。
それは、パチンコの初当たりグラフが
低回転時に初当たりが多くなるということ。

つまり、大当たり後回転数が少ないほど
再度引き戻す可能性が高いということです。

どの機種でも、
初当たりグラフは、低回転時に多くなります。
これはパチンコ台の設定でも外せないところなんですね。
もちろん、全てが低回転で当たる訳ではありません。
でも、確率からいくと、
大当たり後の低回転台を狙っていけということです。

パチンコ勝率は結局確率を求めていくしかありません。
回らない台よりも回る台、ハマっている台より大当たり後即ヤメの台。


新台が勝ち易いのは、良く回るから。
ホールにとって、新台の放出率が悪いのは困ります。
これからお客を付けなければならない機種が出なければ、
固定ファンは付きません。

それなのに、確率が収束してしまっては、
閉店時の大当たり確率は、みな一様に同じになってしまう筈。

そんなことはありません。
回る台程、大当たり確率は設定値より上がっている筈です。
だから新台は勝つ確率が高いのです。
これは、回る台に対して
初当たり、連チャンへの優遇があるから。(希望的観測)

ホール側からしても、
パチンコ台を操作出来るのは、
規定上、釘調整だけ。
つまり釘調整で回る台と回らない台を作る以外に操作できないのです。(遠隔無視)

その中で、放出率を操作したい訳。
だからこそ、メーカーとしても
回る台に優遇を設けるのです。(憶測)

当然、そんなことは一言もメーカーは言いません。
ただ「確率に収束している」としか言えない。

しかしながら、メーカーの顧客は、
パチンコユーザではなくパチンコ店です。
もちろん、ユーザーの人気を考えたタイアップ、ゲーム構成を考えますが、
出玉放出設定に関しては、パチンコ店の意向を加味するのです。

出したい時に出して、絞る時に絞れる。
そして通常時でも飽きさせない演出。
これがホール(パチンコ店)が求める理想なんですね。

要は、一度当たりが出ている台は、
出る要素がその台にあるということ。
だから、大当たり後の低回転時は狙い目なんです。

もちろん、ハマっている台が爆連なんてことも在ります。
これはまさに確率の収束と反動。
だからパチンコは面白いんですけど。

共通テーマ:パチンコ

ちょっと欄外 [パチンコの私的考察]

皆さん、ホール選びは万全でしょうか?

今回のネタは、
少し趣向を変えてみます。

ホール選びで大事なのは、“お客の入り”ということは、
常々お話していますね。
それは当然のこととして、
今回は、“接客”についてです。

接客も当然のことながら、大事なこと。
接客態度が悪いホールは、必ずと言っていい程、廃れていきます。

パチンコは、100%の勝ちは望めません。
日々通う中で、投資を少なくし、勝率をどれだけ上げていくか、
そして、トータルでの勝利を勝ち取っていくのが、王道です。

当然、負ける日もあるわけです。

お客心理として、負けて換金する時に、
店員の接客態度が悪ければ、深く記憶に残りますね。
「お前の給料、払ってやってるんだぞ」なんて思ってしまうものです。


大抵のユーザーがパチンコ店を選ぶのは、一般的に直感がほとんど。
悪い記憶のホールを直感で選ぶでしょうか。

また、店内に犯罪防止のため、
防犯カメラの犯罪行為の写真を貼付けている店舗などありますが、問題外です。
脅して防犯など、何様のつもりでしょうか。

まあ、大抵のそういった店舗は、
懐の狭い、経営の伸びないホールがほとんどです。
我が身の為に、気分の悪い貼り紙で脅しているホールが、
お客の為になど考えられる訳がありません。
出来るパチンコ店は、そんな無駄な貼り紙を貼る前に、
お客の気持ちをワクワクさせる広告、貼り紙を貼っています。

あなたの通うホールが当てはまる様なら、
もう一度、ホール選びを考えてみましょう。

共通テーマ:パチンコ
前の10件 | - パチンコの私的考察 ブログトップ