So-net無料ブログ作成
検索選択

いつまでも変わらないパチンコの勝ち方 [パチンコの私的考察]

台選びの基準はなんでしょうか。

パチンコの勝ち方で常に変わらないことがあります。
それは、パチンコの初当たりグラフが
低回転時に初当たりが多くなるということ。

つまり、大当たり後回転数が少ないほど
再度引き戻す可能性が高いということです。

どの機種でも、
初当たりグラフは、低回転時に多くなります。
これはパチンコ台の設定でも外せないところなんですね。
もちろん、全てが低回転で当たる訳ではありません。
でも、確率からいくと、
大当たり後の低回転台を狙っていけということです。

パチンコ勝率は結局確率を求めていくしかありません。
回らない台よりも回る台、ハマっている台より大当たり後即ヤメの台。


新台が勝ち易いのは、良く回るから。
ホールにとって、新台の放出率が悪いのは困ります。
これからお客を付けなければならない機種が出なければ、
固定ファンは付きません。

それなのに、確率が収束してしまっては、
閉店時の大当たり確率は、みな一様に同じになってしまう筈。

そんなことはありません。
回る台程、大当たり確率は設定値より上がっている筈です。
だから新台は勝つ確率が高いのです。
これは、回る台に対して
初当たり、連チャンへの優遇があるから。(希望的観測)

ホール側からしても、
パチンコ台を操作出来るのは、
規定上、釘調整だけ。
つまり釘調整で回る台と回らない台を作る以外に操作できないのです。(遠隔無視)

その中で、放出率を操作したい訳。
だからこそ、メーカーとしても
回る台に優遇を設けるのです。(憶測)

当然、そんなことは一言もメーカーは言いません。
ただ「確率に収束している」としか言えない。

しかしながら、メーカーの顧客は、
パチンコユーザではなくパチンコ店です。
もちろん、ユーザーの人気を考えたタイアップ、ゲーム構成を考えますが、
出玉放出設定に関しては、パチンコ店の意向を加味するのです。

出したい時に出して、絞る時に絞れる。
そして通常時でも飽きさせない演出。
これがホール(パチンコ店)が求める理想なんですね。

要は、一度当たりが出ている台は、
出る要素がその台にあるということ。
だから、大当たり後の低回転時は狙い目なんです。

もちろん、ハマっている台が爆連なんてことも在ります。
これはまさに確率の収束と反動。
だからパチンコは面白いんですけど。

共通テーマ:パチンコ