So-net無料ブログ作成
検索選択

長期連休の戦術 [パチンコ近況]

休日、特に長期連休となると、
パチンコ店にとっても、お客の取り合いです。
どれだけお客を集客できるか。
ホールにとっては、来客数によって設定出来る戦略が大きく変わってきます。

そりゃ遊戯数が多い程に薄利多売方式が可能で、
スロットの設定、パチンコの釘調整が放出傾向に向かう訳。

ここで大事なのは、
パチンコ・スロットともに、
お客が多く、フル回転の時は、
出ているように錯覚してしまう効果。

ホール経営で上手くいくかどうかは、
放出し過ぎず、絞り過ぎず、
お金を使わせて、その分放出するというホール環境を作ること。
大した勝ちも無く、負けも無くというお客を
一定数作ることなんですね。

そうすることで、ホールには活気が溢れ、
「このホールは、絞るだけじゃない」となるんです。

当然、お客の半数以上は完全負け組。
でも後の半分が持ち玉持っていることで“出てる店”なんです。
持ち玉を持っていても、勝っているとは限らないってこと。

パチンコ業界の現状は、
近年の広告の厳しい規制から切迫しています。
そんな中、生き残っていく優良企業は、
“遊ばしてくれるホール”なんですね。

それでも、パチンコは商売で成り立っています。
ただ勝たしてくれる訳じゃない。
我々ユーザは、さらにそれ以上の視点で見なければ、
勝ち組にはなれないですよ。

「近所のホールは、近いから」などもっての他ですが、
「とりあえずお客はたくさんいる」
程度の考え方では、勝てません。

さらに、「お客が多いが、連休中日だから少し絞り傾向か。。前日の○機種は機能ヒドかったが、
今日はどうか。。明日明後日が雨の予報だから、ホールも勝負を明日以降にするんじゃないか」
などなどと考えてみてはどうでしょう。

そこから釘調整、設定判別が始まります。

共通テーマ:パチンコ